Monthly Archives: 4月 2016

ミクロ・ごみ問題

環境問題について考える時、個人レベルですぐに出来る事と言えば、ゴミについてです。

しかし、決まった曜日に回収されたゴミが、一体どのような過程を経てどう扱われ、どこへ運ばれるか、それらの事を考え始めると気が遠くなってしまいます。

何に関しても同じことが言えますが、ひとたび何かが気になったとき、一番確実にすっきりする方法は、個人レベルで出来る事をその瞬間から始める事です。

日本はゴミのリサイクル率が世界でもトップクラスだそうです。
そしてゴミの排出量も第一位です。

これを個人に当てはめると、次に数十万円を洋服代に充て、ワンシーズンのみ、数回だけ着たところでその七割程をリサイクルショップに引き取ってもらう人、と言ったところでしょうか。

アパレル業界の経済発展に大変貢献していますね。大量に回転させているという事です。決して良くないことではありません。

しかし、常にトレンドの物をそのシーズンだけ着たい、同じ人に会うのに二度と同じ服は着ないというポリシーを持っているのでなければ、色々と大変な事ではあります。

ゴミについて当てはめるのなら、上に挙げた例の真逆を実行するのが一番シンプルで簡単だと私は考えます。つまり、ゴミになるであろう物を一切購入しない、必要に迫られて購入したのであれば、例えばペットボトル飲料を購入したのであれば、飲み終わったそのボトルは洗い、茶渋などが気にならないレベルまでは水筒として利用してから最後には出先で捨てる。

数十年の単位で着用する衣類と、ワンシーズンのトレンドのものは別に扱い、着なくなったら即リサイクルショップで売るかネットオークションなどで手放す。若しくは食器拭きタオル→台布巾→雑巾の順番でステージダウンさせてから破棄する。
他にも沢山ありますが、まずはこれらの方法でしょうか。

自宅で何かを繰り返し使用するとなったとき問題となるのが、洗うための水の消費についてです。

個人レベルでも社会レベルでも言えるのは、そのリサイクルの為に消費するエネルギーはどのくらいのものなのだろうかという事です。

ゴミの問題が気になったとき、まずは個人レベルで一番エレガントなサイクルを確立させてみることから始めるのがお奨めです。