室内空気汚染

私たちは、学校、職場、家庭など生活時間の多くを室内で過ごします。室内空気が化学物質や病原性微生物などで汚染された場合、屋外の大気環境と同様に健康への影響が懸念されます。

建材、内装材、家具などから発生する化学物質を吸入することによる健康影響のことを「シックハウス症候群」といいます。シックハウス症候群は化学物質のみではなく細菌、カビ、ダニなどの微生物による影響も含め、建物内に居住することにより生じる様々な体調不良を総称する場合もあります。

皆さんは、シックハウス症候群の症状をご存知ですか?

シックハウス症候群の症状は、目がチカチカする、鼻水、のどの乾燥、吐き気、頭痛、湿疹など、人によってその症状は様々です。シックハウス症候群のメカニズムはまだ十分に解明されておらず、同じ部屋にいても敏感に反応する人、まったく影響を受けない人がいるなど、個人差が大きいのも特徴です。

一酸化炭素中毒、花粉症、病原微生物による感染症などの原因が明確なものは、一般的にはシックハウス症候群に含まれませんが、これらも含めて空気汚染にはさまざまです。建材や家具などから発生するホルムアルデヒドなどの化学物質、たばこの煙、掃除による粉塵、ストーブやガスレンジなどによる一酸化炭素、二酸化炭素、窒素酸化物の排出、トイレや浴室からの臭気物質などがあり、湿度が高いと細菌、カビ、ダニが繁殖しやすくなります。

このようなことから、建築基準法ではホルムアルデヒド等に関する建築材料の規制や換気設備の義務付けがあります。建築物衛生法では、一定規模以上の事務所や店舗などの特定建築物における空気環境の基準が定められています。

私たちができる対策としては、換気や通風を行うこと、家の新築やリフォームの際には使用される建材や接着剤について建築業者と話し合うことがあります。

カビやダニの対策としては、適度な湿度に保つ、結露を防ぐ、カーペットの日光干しなどがあります。

(まとめ)
・シックハウス症候群の健康影響は個人差が大きい
・ホルムアルデヒドなどの建築材料規制と換気設備義務
・換気や通風での対策が重要

大気汚染については、こちらのサイトをチェックしましょう。
PM2.5と大気汚染まとめ